浅見真一行政書士のプロフィール
芸能プロダクション「国際プロ」
離婚相談メインイメージ

入管申請取次業務

離婚相談

後悔しない離婚を
「離婚したいけれど、なかなか離婚に応じてくれない。」
「離婚した後に、事前に約束した生活費、養育費を払ってもらえない。」
「離婚の意思はあるけれど、慰謝料、親権者、財産分与等の話がまとまらない。」
様々な理由で、離婚に関しては問題が発生致します。
後々後悔しない為にも、解決策をご提案致します。

▲ベージのトップへ戻る

離婚の種類と流れ

離婚には

1,協議離婚(全体の90%を占めています)
【夫婦双方に離婚意思がある場合】
夫婦間の合意でする離婚→親権者、財産分与、養育費、慰謝料等発生する費用を決める→宗法離婚協議書作成→離婚届提出後、離婚成立
2,調停離婚
【夫婦のどちらかが、離婚に応じない場合】
夫婦間では離婚の合意が出来ない→家庭裁判所に調停を申し立てる
→調停成立→調停調書作成→離婚届提出後、離婚成立
3,審判離婚
【調停離婚で合意に到らなかった場合、裁判所の審判で離婚を成立させる事】
協議不成立→家庭裁判の審判に→審判後、2週間以内に不服申し立て無し
→審判離婚成立→離婚届提出後、離婚成立
4,裁判離婚
【上記の離婚手続きで、合意にいたらない場合】
調停不成立→不成立調書が作成される→判決(勝訴)
→離婚届提出後、離婚成立
離婚の流れチャート
▲ベージのトップへ戻る

離婚協議書作成・公正証書による離婚協議書作成

離婚が成立しても、安心出来ません。
財産分与、慰謝料、子供の親権、養育費などは、
後々のトラブルを防ぐ為にも決めておく事は大事です。

そこで、夫婦間で話合って取り決めた内容を、離婚協議書等書面にしておきましょう。

▲ベージのトップへ戻る